まつげエクステでメイクの手間を大幅に省こう

最近は美容院やネイルサロンなどで、まつげエクステやまつげパーマを勧められることが多い。いわばまつげの植毛だが、マスカラやつけまつげの手間が省け、目が大きく見えることから目ヂカラ重視のメイクには強い味方である。まつげエクステなしでまつげメイクをするならば、ビューラーでカール→下地→繊維入りマスカラ→念入りなコーミング→トップコートという具合に手間も時間もかけなくてはならない。朝のメイク時間のこの手間が省けるのは、女性にとって大変にありがたいことである。実際、私も行きつけのネイルサロンで初めてして以来すっかりハマり、し続けている。安価なサロンを探し回り、あれこれ試したこともあるが、数年前からアイリストが自宅でやっている小さなサロンを利用している。まつげエクステを受けるに当たり、一番重要なのは事前のカウンセリングだと思う。自分の顔立ちや自まつげの性質をよく見極めたうえで適切なまつげエクステをすることが大切である。例えば私の場合、コンサバティブなメイクをしているのであまりカールのきついまつげはおかしい。カールは控えめで、長さも自まつげとあまり変わらないものにしている。自まつげより極端に長いエクステは取れやすいらしいからだ。


そして目じりのみ、多めに長いものをつけ、アイライン的なデカ目効果を狙っている。下まつげのまつげエクステも何度が試したことがあるが、すぐ取れるのでもう辞めた。下まつげの場合は濃い印象を与えるマスカラだけで十分だと思う。よく聞く話だが、まつげエクステをし続けていると自まつげが薄くなる場合があるらしい。私が行くサロンで聞いてみたところ、「個人差がある」とだけ聞いたが、やはりエクステが取れるときに自まつげが数本まとめて抜けることもあり、薄くなる可能性も否めないだろう。私の場合は、周期的にエクステを休むようにしている。大体、今つけているまつげエクステは3週間ほどもつのだが、取れてすぐに新しく施術を受けることはせず、一週間を「伊達めがね週間」にしているのである。もちろん、マスカラでしっかりアイメイクをすることもあるが、基本的にはまつげを休め、朝晩のまつげ美容液を欠かさぬようにして過ごしている。一ヶ月のうち、一週間をめがねで過ごすのも楽しいものである。今は安価な伊達めがねがたくさんあるので、お洒落の幅も広がる。


また、取れかけのエクステで見苦しくなるようなこともないので、お勧めの裏技である。

小学校受験には様々な噂が飛び交います。 そのひとつが面接や説明会での服装についてです。お母さんは紺のスーツかワンピースでないと不合格とかそんなものばかりですが、 子供の足を引っ張りたくないと思うあまり、神経質になってしまうご家庭も多いでしょう。 受験は正しい情報を仕入れることが大切です。小学校受験に強い幼児教室なら、今までの実績から正しい情報が得られます。 嘘や噂に惑わされず、試験に集中したいとお考えなら幼児教室がお勧めです。